本文へスキップ

共感の目線で子どもの成長を見守ります。

電話でのお問い合わせはTEL.053-425-2433

〒430-0835 静岡県浜松市南区遠州浜1-10-2

教育内容program

一日の生活

一日の生活イメージ

 8:30〜 ・登園/自由あそび
 9:40〜 ・リズムダンス/集団あそび
10:00〜 ・その日の主要活動
       思考あそび/造形あそび/リズムあそび
       絵画表現あそび/製作あそび/劇あそび
       運動あそび/アンファン・テニス など
11:10〜 ・マラソン散歩/自然あそび
12:00〜 ・お弁当(月金は給食)
       ・自由あそび/集団あそび
13:20〜 ・絵本/素話/紙芝居
14:00  ・降園〜午後5時まで預かり保育あり


活動の考え方

体験学習イメージ

あすなろの保育は、昨日〜今日〜明日という流れの中でつながっていく、子供の想いを大切にしています。ですから、朝の幼稚園バスの中から保育は始まり、降園バスを降りたところで保育が終わります。

パパさんがお仕事に向かう車の中で「今日は、昨日からの続きの○○の件に関しては、あそこまでやって…そろそろ△△も手をつけて…」と想ったり、仕事が終わり家に向かう車の中で「○○はうまく収まったな。△△は、□□に関わってくるから…」と想うように、子供もまた、いろんな想いがあるのです。ただし、

・幼稚園は自分の心地よい居場所のひとつ、と感じている…
・「わたしのようちえん!」とココロから言える…
・難しく言えば、自己実現の場であると感じている…
という場合に「あした、ようちえんで☆☆したい!」という想いを胸に、家に帰り着くようになります。

「子供は、今日一日を終えて、どんなつもりで家に帰って行っているのか?」
「明日の朝、子供はどんなつもりで(何をしようと?何を考え?)幼稚園に来くのだろうか?」


保育後、あすなろの先生たちはそんな視点で、明日の保育計画を練ります。もちろん、今日の帰り間際に、種まきをしておくこともあります。たとえば、2、3日雨が続けば「明日、天気予報、晴れだって!」と先生が言えば「あしたは松林に行こう!」「海がいい!」「公園もぉ〜」なんてことになったりします。で、計画通り、自然あそびの活動。

特になければ、先生が「導入」をして主要活動に持って行きます。でも、それは「○○しましょう」というやらせ保育ではなく、先生が何か話をしているうちに、子供たちが「あっ、それしようよ!」とか「作ってみたい!」とか「はやく、やろうよ!」と、子供たちが言いたくなるようにします。つまり、意欲を引き出す保育*をしていきます。

また、サプライズが、からんでくる保育。たとえば、昨夜のうちに大雨が降れば、園バスの中でその話をしながら園庭がどうなっているのか?楽しみにします。それこそ、海のような状態になっていれば(年に1回くらいあります)、朝からあそびの流れは、その水の海に入ってみることから始まります。

そして、それにどういう保育内容(幼児教育)をそこに盛り込んでいくのか?即時に考え、判断して、頭の中に指導案を創りあげます。そうなると、先生が考えて用意していた今日の主要活動は、またこの次に…というようになります。

その時の状況によって、柔軟に保育活動の形態を変えていけるのが、あすなろの先生の強みです。

※ * はスタニラフスキーシステム(演劇理論)をベースにして、Guided Play を実践してます。

<Guided Playとは?>




防災教育について…避難開始5分後、15mの高さにいます!

英語学習イメージ

あすなろ幼稚園の地震津波対策は、シンプル・プラン

    『クラッときたら、みどり4!』

園の北東100mの鉄筋コンクリート造11階建ての市営遠州浜団地みどり4号棟(右写真)が、避難場所になります。

年4回、その建物に登る避難訓練を全園児で行います。避難開始から約5分強、すべての園児が4階以上海抜15mの高さに、避難できるようにしていきます。その他の防災訓練も月1回、行っています。

海の近くだからこそ、年間を通して地震津波防災の意識を高く持つことができます。こうした防災学習から、
「自分の命は自分で守る」という、本物の防災意識が育っていきます。


information

あすなろ幼稚園