本文へスキップ

共感の目線で子どもの成長を見守ります。

電話でのお問い合わせはTEL.053-425-2433

〒430-0835 静岡県浜松市南区遠州浜1-10-2

教育方針policy

<幼稚園で育ってほしいこと>は何ですか?

教育方針イメージ

「幼稚園に行って、ひらがなが書けるようになった」
「簡単な、英単語を言えるようになった」とか、
目で、耳で、確かめられる結果は、嬉しいですよね。
通わせたカイがあったって!
確かに「○○ができる子」っていうのは“すごい!”
ですよね!

たとえば…
文字漢字が書けたり、
初歩的な英単語やフレーズが分かる子
二桁の足し算引き算ができる子
教師の言われたとおりにできる子
失敗をしない子

あすなろでも、文字や数、いろいろなことを教えることもあります。が…
残念ながら、あすなろは、育っていくものは違います。

たとえば…
アルファベットなど見慣れないものを書き取るような集中力根気力
どうしてそういう答えになるのか?をつきとめようとする探究する力
受け身的に人に答えを求めないで、自分で考える力
失敗をしても、その後、どうすればいいかを考え行動する力

もちろん、あすなろの先生も「○○ができるようになる」ように、子供を支援していきますが、
「○○ができるようになる」ことは目的とはしていません。それは、あくまでも手段なのです。

ですから、子供ひとりひとりへの見つめ方(評価の仕方)がちがってきます。
その子のあらゆる能力の本質的部分である “人間性”“人間力”が、どう育ったか?をみていきます。

そして、その人間性や人間力が成長するベースになるのが「意欲形成」「愛着形成」です。
また、子供に寄り添う先生自身の、人間性、人間力の高さが、問われることは言うまでもありません。


子供自身が “気づく” “考える” “学ぶ” 幼稚園

目標イメージ

子供の「あそび」の中には、 “気づく” “考える” “学ぶ” という瞬間がたくさん出てきます。「だからあそぶことで子供は賢くなっていくんだよ!」というのは、このことを言っています。

でも、ただ遊べばいいというものでもありません。子供が、熱中して夢中になって遊ぶことが、大切なのです。そんな “あそび” が、展開できるような環境や状況をつくるのが、あすなろの先生の役割でもあります。

じつは、最高の環境は「自然」なのです。大人のみなさんも、海辺での波あそびなどの経験があると思います。たぶん、ほとんどの方が、時間の経つのも忘れて没頭してあそんだのではないでしょうか…

また、 “気づく” “考える” “学ぶ” は、園生活の中にもあります。そもそも、幼児にとって生活そのものが「あそび」と言っても、言い過ぎできないようなものですから…

ある朝、ホールに入って来た年長の子、「あれ?テーブルに丸い大きなミカンみたいなのがある?」と気づきます。
甘夏がたくさん。しばらくして、職員室に駆けこんで来て「ミカン食べてイイ?」と、エンチョ(園長)に聞きます。

この一言が出てくるまでに、この子のココロ(脳とも言います)の中では、(いくつあるのかな?)(誰のかな?)
(おいしいかな?食べてみたいな?)(勝手に持って行くと、どうだろう…)と、いろんなことを考えたはずです。

「いくつほしいのかな?」とエンチョ。すると「みんなにも聞いてみる!」ハハハ…これで、エンチョの分は無くなるのは必至です。こんな「プチ・サプライズ」の仕掛けが、あっち、こっち、にあるのが asunaro style なのです。


“21世紀の幼児教育” は “自ら学ぶことを体験する” こと

教育方針イメージ

「自分のことは、自分でできるようになる」ことを身辺自立と言います。

・クツを自分で、はくことができる。
・服を自分で、着ることができたる。
・スプーンなどで、自分で食事ができる。などなど…

これらを3歳でクリアできるようにしていきます。つまり、3歳までの子育ての目的を、お世話中心から身辺自立に置いてもらうことが大切です。

この身辺自立が成立した後は、もう「これはこうするよ」と、大人が教えることをしなくても、子供は、自ら学習していくことができるのです。

4歳以降、子供が興味を持ったことや関心があることについて、やってみたいと感じたり、できるようになりたいと願って、自分から○○ができるように何回もやってみたり(練習?)、覚えようとしたり、どうすればいいのか考えようとしたりします。ただし、子供は、これらのことはすべて「あそび」だと思っている点が、大きな特徴です。

つまり、子供は身辺自立が成立した以降は、「自ら学ぶ」というシステムを獲得しているのです。それを上手に活用しながら、園生活を進めていくことで、無理に子供に教師が教えていくということをしなくても、子供の興味関心、意欲をベースにそのタイミングを見極め、状況をつくることで、文字、数などを小学校のような教え方をしなくても、子供にとって、あそびとして成立していくのです。

たとえば…あすなろ幼稚園の印刷機は、ときどきの調子がわるくなるんです(えっ?ホント?)

春の遠足の数日前。先生があわてた顔をして、年長すみれさんの部屋に入ってきました。どうしたの?とすみれさん。
「印刷機、また、こわれちゃった。ママに読んでもらう遠足の手紙が…」と、文字が歯抜けになった手紙を見せます。

楽しみな遠足のこと!これは大変とばかりに「いいよ、自分で書くよ!」とすみれさん。みんなで、なんの字が当てはまるのかを考え、ホワイトボードに先生が書きます。その字を見て、抜けている文字を手紙に書き込んでいきます。

そうです!子供たちは、まだ小さな幼児なのですが、園生活を主体的に生きていくだけの力を、持っているのです。

主な年間行事

教育方針イメージ

4月・入園式・4月の参観
5月・かしわ餅づくり・春の遠足
6月・家族参観・プール開き
7月・七夕・年中、年長の合宿(お泊まり保育)
8月・夏期保育・夏の面談
9月・9月の参観
10月・運動会・いもほり
11月・秋の遠足・公開保育
12月・夢の会(クリスマス発表会)・もちつき
1月・1月の参観
2月・豆まき・お店屋さん遊び
3月・ひなまつり・お別れ会・卒園式


information

あすなろ幼稚園

あすなろ幼稚園の保育の考え方を詳しく表した資料があります。ご覧になりたい方は、資料を郵送できますので、あすなろまでお電話ください。